読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイジング美容液秘訣についてみんなが忘れている一つのこと

ずぼらOLが美容・健康情報と、毎日の出来事をなんとなーく書きためてます。

今日も何気なくきれいな肌を保つ対策についての考えを綴ってみます。

今日文献で集めていた情報ですが、「化粧水を使う際に、100回程度掌で万遍なくパッティングするという説がありますが、このやり方はしない方がいいです。敏感な肌をお持ちの場合毛細血管がうっ血し赤ら顔・毛細血管拡張症のきっかけとなることもあります。」のように解釈されているとの事です。

私がネットで調べた限りでは、「体内のヒアルロン酸量は乳児の頃がピークで、30代を過ぎるころから急激に減るようになり、40代以降には赤ちゃんの時期と対比すると、約50%ほどに減少してしまい、60代では相当減少してしまいます。」と、考えられているみたいです。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「セラミドは皮膚の角層内において、細胞間にできた隙間でスポンジのように働いて水と油分を閉じ込めて存在している細胞間脂質の一種です。肌や毛髪を瑞々しく保つために不可欠な機能を持っています。」な、提言されていると、思います。

なんとなくネットで集めていた情報ですが、「セラミドは皮膚の角質層内部において、角質細胞の間でスポンジみたいに水や油を確実に抱え込んでいる脂質の一種です。皮膚や毛髪の潤いを守るために外せない働きを担っているのです。」のようにいわれていると、思います。

今日サイトで調べた限りでは、「美容液というアイテムは基礎化粧品のひとつであり、石鹸などで顔を洗った後に失われた水分を化粧水で補充した後の肌に用いるのが代表的な用法です。乳液状の形態のものやジェルタイプのものなど数多くの種類が存在するのですよ。」な、いわれているそうです。

なんとなく書物で調べた限りでは、「皮膚のタンパク質の70%がコラーゲンによって形成され、細胞間の隙間をしっかりと埋めるように繊維状に隙間なく存在しているのです。肌のハリや弾力を保ち、シワやたるみのない滑らかな肌をしっかり維持する真皮の層を構成する最も重要な成分です。」な、解釈されている模様です。

そのため、油分を含む乳液やクリームを塗らないで化粧水だけにする方もかなり多いのですが、それははっきり言って大きな誤り。保湿を完全に実施しなかったためにかえって皮脂が多く出てしまったりニキビが出たりするわけなのです。」だと考えられているそうです。

今日は「化粧水が発揮する大事な役割は、水分を肌にただ与えることではなく、もともとの肌本来の力が十分に活きるように表皮の環境を整えていくことです。」と、公表されている模様です。

さらに私は「細胞分裂を活性化させる因子を持つプラセンタは休むことなくフレッシュな細胞を作り出し古いものと入れ替えるように働きかけ、内側から身体全体の端々まで細胞という基本単位から肌だけでなく身体全体を若々しくしてくれるのです。」だと解釈されているらしいです。

素人ですが、サイトで調べた限りでは、「たびたび「化粧水を少しだけつけても効果はない」「リッチにたっぷりとつけるのが一番」と言われているようですね。実際に洗顔後につける化粧水の量は控え目より十分に使う方がいいかと思います。」と、提言されているようです。